ドロットニングホルム宮殿

地理

ドロットニングホルム宮殿

どろっとにんぐほるむきゅうでん

スウェーデン語: Drottningholms slott)

スウェーデン・ストックホルム郊外のローベン島にある離宮である。この宮殿は、スウェーデン王カール11世の母后ヘトヴィヒ・エレオノーラの命によって1662年に建設が始められ、1686年に完成した。庭園にはバロック様式が採用された。ドロットニングホルム(Drottningholm)はスウェーデン語で「王妃の小島」を意味する。「北欧ヴェルサイユ宮殿」の勇名を馳せる。