ドン・ベイラー

Don Edward Baylor

MLB選手。

右投右打、ポジションは一塁手外野手背番号は25番。


1949年6月28日生まれ。米国テキサス州出身。

1967年、ドラフト6位でボルティモア・オリオールズに入団。

1970年、メジャー昇格。

1976年、オークランド・アスレチックスに移籍。

1977年、カリフォルニア・エンゼルス?に移籍。

1979年、シーズン186安打、36本塁打、139打点を記録しナ・リーグMVPを受賞。

強打者として1970年代、1980年代のエンゼルスを支えた。


1983年、ニューヨーク・ヤンキースに移籍。

1986年、ボストン・レッドソックスに移籍。

1987年ミルウォーキー・ブリュワーズに移籍。

1988年、アスレチックスに復帰。

同年、現役引退

実働19年間で通算2292試合出場、通算2135安打、338本塁打、1276打点を記録。

通算267死球は当時のMLB記録。*1


1989年、古巣ブリュワーズのコーチに就任。

1992年、セントルイス・カージナルスのコーチに就任。


1993年コロラド・ロッキーズの創立に伴い、初代監督に就任。

強力打線を率いてチームを上位に導き、1995年にはナ・リーグ最高監督に選出される。


1999年、アトランタ・ブレーブスベンチコーチに就任。

2000年、シカゴ・カブスの監督に就任。カブス初の黒人監督となる。

2003年、ニューヨーク・メッツベンチコーチに就任。


2005年、シアトル・マリナーズの打撃コーチに就任。

同年、退団。

*1:2005年、クレイグ・ビジオが更新。