スマートフォン用の表示で見る

ドヴォルザーク

キーワードの候補

2件

音楽

ドヴォルザーク

どぼるざーく

Dvořák, Antonín】チェコ国民楽派作曲家(1841-1901)。

チェコ語に近い発音をするならば、ドヴォルジャークとなる。

チェコ人らしくスラブ的な音楽が多い。アメリカに影響された作品もいくつかあり、彼の代表作のうちの一つ「交響曲第9番ホ短調(新世界より)」もそれである。

有名な作品(三重奏曲=トリオ)

交響曲

第1番ハ短調(ズロニツェの鐘)

第2番変ロ長調

第3番変ホ長調

第4番ニ短調

第5番へ長調

第6番ニ長調

第7番二短調

第8番ト長調(自然交響曲イギリス

第9番ホ短調新世界より

歌劇

ルサルカ

歌曲声楽

ジプシーの歌(全4曲のうち第4番は「わが母の教えたまえし歌」)

室内楽

ピアノトリオ第1番変ロ長調

ピアノトリオ第2番ト短調

ピアノトリオ第3番ヘ短調

ピアノトリオ第4番ホ短調ドゥムキー

ピアノ五重奏曲

弦楽四重奏第8番ホ長調

弦楽四重奏第9番ニ長調

弦楽四重奏第10番変ホ長調スラヴ

弦楽四重奏第11番ハ長調

弦楽四重奏第12番ヘ長調アメリカ

弦楽四重奏第13番ト長調

弦楽四重奏14番イ長調(糸杉)

管弦楽曲

スラブ舞曲(第1集・第2集)

「謝肉祭」序曲

協奏曲

ピアノ協奏曲ト短調

チェロ協奏曲ロ短調

バイオリン協奏曲イ短調

ロマンスバイオリンと管弦楽)

森の静けさ(チェロと管弦楽)

ロンド(チェロと管弦楽)

ピアノ

影絵(全12曲)

牧歌(全4曲)

6つの小品

詩的な気分画

ユーモレスク(全8曲)

組曲アメリカ

4手ピアノのための曲

スラブ舞曲(第1集・第2集)

目次

一般

ドヴォルザーク

どぼるざーく

Dvořák, Rudolf】

歴史学者

歴史から消されようとしていたアントニーン・ドヴォルザーク交響曲第1番の楽譜が偶然売られていたのを、同じ苗字という理由だけで購入した。これがきっかけで、この曲が後世に残ることとなった。