スマートフォン用の表示で見る

ナーガールジュナ

一般

ナーガールジュナ

なあがあるじゅな

およそ150〜250年頃のインド仏教徒仏教理論家。後に菩薩として神格化された。

中観派・八宗の祖。

大乗仏教の理論的始祖のひとり。漢訳は「龍樹」。樹木の根本に生まれて龍王に養われたという伝説がある。

『中論』『大智度論』『十住毘婆沙論』などを著す。

amazon:龍樹

amazon:ナーガールジュナ