ナウカ

読書

ナウカ

なうか

ロシア語を中心とした、洋書の老舗取次店。ロシア関係書の出版もおこなう。

1931年大竹博吉によって設立されたが治安維持法違反にとわれ1936年に閉鎖された。その後、1951年に復活したが、2006年7月に破産。

2006年12月より、ナウカ・ジャパンとして営業を開始し、2月23日には、ロシア書籍専門の店舗も開設された。

社名の「ナウカ」は、ロシア語で「科学」を意味する。