スマートフォン用の表示で見る

ナチュラル・ボーン・キラーズ

映画

ナチュラル・ボーン・キラーズ

なちゅらるぼーんきらーず

リスト::外国の映画::題名::な行

Natural Born Killers

  • 1994年|アメリカ映画|カラー|119分

スタッフ

解説

史上最凶の殺人鬼カップル、ミッキー&マロリー・ノックスの逃避行と、彼らを追うマスコミを風刺したヴァイオレンス映画。チャールズ・スタークウェザー&キャリル・フューゲイト事件を下敷きに、無名時代のクエンティン・タランティーノが書いた脚本を原作とした映画(同事件はタランティーノが好きな作品として挙げているテレンス・マリック監督作品『地獄の逃避行』としても映画化されている)。タランティーノは「俺の脚本を勝手に改ざんしやがって」と怒ったが、ストーンは「タランティーノはまだ若造、映画のことを分かっていない」と相手にもしていなかった。

オリバー・ストーンの映像テクニックは、前作『JFK』ですっかり味をしめた細切れショットのめまぐるしい連続技。普通の映像、TV映像、寸劇、アニメ、ニュース映像と、ありとあらゆる映像の洪水で観る者を圧倒しようとする。が、この洪水を快感とするか不快感とするかで、作品の評価は大きく分かれよう。

主演カップルは好演だが、ウディ・ハレルソンはこの作品イメージが強く、以後苦しめられることとなる。不謹慎なテレビリポーター役ロバート・ダウニー・Jr、刑務所長役トミー・リー・ジョーンズもコミカルな好演。


関連語

バイオレンス