スマートフォン用の表示で見る

ナット・キング・コール

音楽

ナット・キング・コール

なっときんぐこーる

Nat King Cole

アメリカジャズピアニスト&シンガー。ピアノ・ギター・ベースのキング・コール・トリオで一世を風靡。後には主に歌手として活躍。歌手ナタリー・コール娘。

 1919年3月17日、アラバマ州モンゴメリー生まれ。本名ナサニエル・アダムズ・コールズ(Nathaniel Adams Coles)。

1937年頃、オスカー・ムーア(ギター)、ウェズリー・プリンス(ベース)と共にトリオ「キング・コール・スウィングスターズ」を結成。ボブ・ルイスにより「キング」の愛称が付けられる。

トリオ名は後に「キング・コール・アンド・ヒズ・スウィング・トリオ」に改名。さらに1939年には「キング・コール・トリオ」と改名。

1942年、ウェズリー・プリンスがトリオを脱け、ジョニー・ミラーが加わる。

 1943年、キャピトル・レコーズと契約。自ら作曲した「Straighten Up and Fly Right」(43年11月30日録音)が大ヒット。

 1946年、歌手のマリア・ホーキンズ・エリントンと出会い、1947年に前妻と離婚し、1948年3月28日にマリアと再婚。彼女の影響で、急速にポップスに傾斜し、歌に重点を移す。

 1948年、ジョニー・ミラーがトリオを脱け、ジャック・コンスタンツォがボンゴで参加。トリオ名は「ナット・キング・コール・アンド・ヒズ・トリオ」となる。

 1950年7月9日、バラッド「Mona Lisa」(3月11日録音)が大ヒット。以後、もっぱら歌手として活躍。

 1951年レス・バクスターの下で働いていた編曲家ネルソン・リドルとのチームを組み、8月17日、「Unforgettable」が録音される。

 1953年フリッツ・ラングの映画『ブルー・ガーディニア』(『青いガーディニア』)に本人役で出演、主題歌も歌った。

 1956年11月5日、コールが司会を務めるNBCのTV番組『The Nat King Cole Show』が放映開始。当初は15分枠だったが、1957年7月に30分枠に拡大。1957年12月17日に放映終了。

 1965年2月15日、サンタモニカの病院で肺ガンにより逝去。

 1991年、娘のナタリーは、父の録音とのデュエット曲「Unforgettable」を発表、グラミー賞を受賞した。

 映画『市民ケーン』(1941)、『チャイナ・ゲイト』China Gate(1957)、『セントルイスブルース』(1958)、『キャット・バルー』(1965)にも出演。

ベスト・オブ・ナット・キング・コール~L.O.V.E.

ベスト・オブ・ナット・キング・コール~L.O.V.E.

D

フリッツ・ラング コレクション ブルー・ガーディニア [DVD]

フリッツ・ラング コレクション ブルー・ガーディニア [DVD]