ナナツバコツブムシ

動植物

ナナツバコツブムシ

ななつばこつぶむし

学名 : Sphaeroma sieboldii

節足動物門軟甲綱等脚目コツブムシ科

体長約1cmの虫で、ダンゴムシやワラジムシと同じ仲間。海中のプランクトンや魚介類の死骸など有機物を餌にしていると考えられている。風雨や波で風化してもろくなった島の凝灰岩を、下あごの硬い歯でかみ砕き、巣穴を掘って生きている。

広島県東広島市安芸津町沖にあるホボロ島ナナツバコツブムシによって浸食され、消滅しかけている。