スマートフォン用の表示で見る

ナルサス

読書

ナルサス

なるさす

田中芳樹の小説『アルスラーン戦記』の登場人物。

パルス王国ダイラム地方の元領主。政務・軍略双方に長ける知略家。アンドラゴラス三世により宮廷書記官に抜擢されるも、王の不興を買い、現在ではバシュル山に侍童エラムとともに隠棲中。趣味は絵画だが、親友のダリューンからことあるごとにけなされている。

第一次アトロパテネ会戦においてルシタニア軍に大敗して落ち延びたパルス王国の王太子アルスラーンダリューンを匿った際に、アルスラーンから「宮廷画家にする」と説得を受け、パルス軍の軍師としてアルスラーンに仕えることになる。