スマートフォン用の表示で見る

ナルマダ

地理

ナルマダ

なるまだ

 Narmada

 ナルマダ川。インド中部を1300キロにわたって西進し、カンベイ湾に注ぐ大河。ナルバダ(Narbada)川とも。インド人が聖なる川とあがめる大河のひとつ。初代首相ネルーによって着手された大規模なダム群計画があるが、環境影響や地域の先住民の移転問題などで紛糾し、インドで最も議論を呼んだダム計画となった。1990年、問題の大きさを認めた世界銀行融資計画を撤回したが、現在でも計画は徐々に進行しており、インド内外の反対運動も活発に行われている。