スマートフォン用の表示で見る

ナンシー関

読書

ナンシー関

なんしーせき

消しゴム版画家。本名・関直美。

1962年7月7日、青森県青森市生まれ。

高校卒業後、1年の浪人を経て1982年法政大学第二文学部入学。

1983年、自主的に作った「丁稚シリーズ」のはんこがコラムニストえのきどいちろうの手に渡ったことがきっかけとなり、編集プロダクション「シュワッチ」に参加。

1984年、「ホットドッグプレス」誌で連載「ナンシーの漢字一発!」が開始。この時、当時編集部員であったいとうせいこうに「ナンシー」というペンネームをつけられる。以降、消しゴム版画家としての活動と同時に、テレビ・ウォッチングを軸としたエッセイ/批評もスタートさせる。

主な連載に「チャンネルオフ」「迷宮の花園」「顔面至上主義」(噂の眞相1990年5月開始)「小耳にはさもう」(週刊朝日1993年1月開始)「テレビ消灯時間」(週刊文春1993年10月開始)「CM特選街」(広告批評・1994年3月開始)など。

2002年6月12日、虚血性心不全のために死去。享年39歳。日本が生んだ最後の批評家。