ナンバー銀行

一般

ナンバー銀行

なんばーぎんこう

ナンバー銀行とは、1872年国立銀行条例に基づいて開設された金融機関であり、その設立順に第一国立銀行から第百五十三国立銀行まで、数字をつけて命名されたことから、呼ばれるようになった通称。

2014年現在でも、当時の国立銀行時代の名称を汲んでいるところがあるが、設立当時の数字を引き継いでいるのは、

の6行のみである*1

*1第三銀行は「三重無尽株式会社」の「三」に由来するものであり、八十二銀行は、第十九国立銀行?と第六十三国立銀行?合併した際にその数字の和をとったことに由来する