スマートフォン用の表示で見る

ニア

漫画『DEATH NOTE』の登場人物。

"L"の後継者を育てる目的で設立されたワイミーズハウスの中にあって、常に成績トップの地位にいた。

今回キラ事件捜査をLから受け継ぐため、SPK(Secret Provision for KIRA)を組織し二代目L、夜神月に接近。

人を殺す殺人ノートと、それにつく死神の存在を知り、メロとは三つ巴の形で月を追い詰めていく。

常にパジャマの延長のような服装で片膝を立てて座った状態。様々な玩具をいじりながら推理する。奇妙な関係者人形を作って

物語を象徴的に表現することが多い。

また、彼には数多くの名台詞があり、

「ふーん、見たんだ」

「捜査というのは決め付けてかかり、間違っていたらごめんなさいでいいんです」

「二人ならLに並べる、二人ならLを越せる」

等は、その代表格である。