スマートフォン用の表示で見る

ニキ・ラウダ

人名

F1ドライバー

1975年 1977年 1984年チャンピオン

国籍オーストリア

生年月日:1949年2月22日

1971年マーチからF1にデビュー。1974年にフェラーリへ移籍するとその才能を一気に爆発させ、翌1975年には初のワールドチャンピオンを獲得した。1976年はドイツGP(ニュルブルクリンク)で瀕死の重傷を負うも僅か6週間で復帰し、1977年には2度目のチャンピオンを獲得。しかし、その後はエンツォ・フェラーリとの確執によりチームからの離脱を余儀なくされ、1979年はランキング14位と低迷し現役を引退した。しかし、ロン・デニスの要請で1982年マクラーレンから復帰すると再びトップ争いの常連に。1984年には0.5ポイント差でアラン・プロストを下して3度目のタイトルを獲得、周囲を大いに驚かせた。

リスト::カーレーサー