映画

ニキータ・ミハルコフ

にきーたみはいるこふ

ニキータ・セルゲイビッチ・ミハルコフ・コンチャロフスキー(Nikita Sergeevich Mihalkov-Konchalovskiy, Никита Сeргеевич Михалков)

ロシア映画監督俳優脚本家

1945年10月21日、モスクワの生まれ。

セルゲイ・ミハルコフは、国歌作詞でも知られる劇作家小説家で、母は児童作家・詩人

6人兄弟の5男で、兄アンドレイ・ミハルコフ・コンチャロフスキーも監督である。

1959年に12歳で映画に初出演し、以来俳優としてのキャリアを積む。

国立映画大学で映画製作について学び、1970年卒業制作として作った短篇「戦いの後の静かな一日」で高い評価を得る。

1974年「光と影のバラード」で長編映画デビュー。

関連映画作品と受賞歴等