サイエンス

ニコライ・ヴァヴィロフ

にこらいう゛ぁう゛ぃろふ

ニコライ・イヴァノヴィッチ・ヴァヴィロフ(Nikolai Ivanovich Vavilov, Николай Иванович Вавилов、日本では「バビロフ」と記載されることもある)

1887年11月25日 - 1943年1月26日

ロシアソヴィエト連邦)の植物学者。

主な研究業績としては以下のようなものがある。

1920年代1930年代前半には、応用植物学研究所(のちに連邦植物栽培研究所)所長、ソビエト科学アカデミー遺伝学研究所所長、連邦地理学会会長を歴任し、1926年にはレーニン賞を受賞。

しかし1935年以降、スターリン政権下でルイセンコ一派の台頭した結果、メンデル遺伝学に基づく遺伝子の働きを唱えたヴァヴィロフらは、「ブルジョワ的」として迫害された。特にヴァヴィロフはイギリスへの留学歴があり、西側諸国からの評価も高かったことから厳しい弾圧に遭い、1940年に投獄され、1943年獄死*2

しかし1955年には名誉回復され、ソビエト科学アカデミーはヴァヴィロフにちなんで1965年にヴァヴィロフ賞、1968年にヴァヴィロフメダルを創設した。

弟に物理学者となったセルゲイ・ヴァヴィロフがいる。

参考文献:

*1:全地球上の栽培植物について、遺伝的な多様性の集積から推測して、大きく5つの遺伝子中心があるという説を唱えた。遺伝子中心は後の研究により7つに増やされたが、このような植物種の起源と想定されると遺伝子中心地域を別名「バビロフセンター」と呼ぶ

*2:処刑説も流れたが、栄養失調による衰弱死とされている。