ニシキエビ

動植物

ニシキエビ

にしきえび

分類:節足動物門 軟甲綱 十脚目 イセエビ科

学名:Panulirus ornatus

英名:Ornate spiny lobster

特徴

相模湾以南の南日本、インド洋・西部太平洋にかけて広く分布し、基本的に熱帯から亜熱帯の海に分布。

沿岸のサンゴ礁域や砂泥底域にすみ、餌は底生動物など。

イセエビの仲間では最も大きくなる種とされ、大きなものでは体長60cm近くになる。

また水色の背甲にだいだい色の突起をもつなど、和名の通り非常に色鮮やかな体色である。

第1触角と歩脚が白と黒のだんだら模様をしている点で他種と識別することができる。

大型になる一方で、味は大味である。観賞用としての価値は高く、水族館でもよく飼育されたり剥製として出回っている。


関連語 リスト::動物 リスト::甲殻類