スマートフォン用の表示で見る

ニッポン全国鍋グランプリ

ニッポン全国鍋グランプリ

にっぽんぜんこくなべぐらんぷり

ニッポン全国鍋グランプリは、和光市で行われ、地元伝来の鍋料理、わが家自慢の鍋料理、創作の鍋料理が一堂に会して、来場者の投票等により、その年の「ご当地鍋日本一」を選出する、日本最大級の鍋料理コンテスト

2015年より、「ニッポン全国鍋合戦」をリニューアルする形で開催されている。

主催はニッポン全国鍋グランプリ実行委員会。共催は和光市一般社団法人ニッポン全国鍋協会。

開催概要

開催期日

1月下旬の土曜日、日曜日の2日間。

開催会場

和光市役所内「市民広場特設会場」

開催内容

全国ご当地鍋による鍋料理コンテストご当地鍋日本一決定戦)

開催趣旨

ご当地食材活用の地産地消促進、名物料理づくりでの地域活性化、団体や学校の話題づくりなどで鍋料理を介する活動を「鍋文化」と称して推進。鍋文化の対決による「ニッポン全国鍋グランプリ」を開催することで、日本の食文化の普及や元気な地域づくりを推進することを目的とする。

参戦資格

開催趣旨・参戦要綱を理解し、次のいずれかの条件を満たす団体等で、参戦鍋料理に必ずご当地食材を加え「ご当地鍋」として参戦する。

ただし、2日間とも参戦し、ご当地鍋として公表することで、商標等他と抵触しない鍋であること。

参戦定数

申込先着50チーム限定。

参戦区画

1区画=間口3.6m×奥行き2.7mのテントの範囲内。

参戦負担金

25,000円(2日分)

大会結果

2015年(1月24日-25日)

金の鍋賞(グランプリ)

街づくり市民の会(千葉県八千代市)「もちぶた炙りチャーシューバージョンとん汁」

銀の鍋賞(準グランプリ)

全国商工会連合会表彰白川郷鍋食い隊(岐阜県白川村)「白川郷平瀬温泉飛騨牛すったて鍋」

銅の鍋賞(第3位)

全国商工会連合会表彰もったいないプロジェクト(福島県)「農家直伝麓山高原豚のもちとろキノコ鍋」

各賞
優秀賞
カフェ・ラ・ベル/キッチンカウカウハウス(埼玉県和光市)「牛すじシチュー」
優秀賞
(株)マルショウ食品(宮城県)「海のフォアグラ あんこう肝鍋」
優秀賞
山形尾花沢鍋愛好会(山形県)「山形牛すじ煮」
和光市長賞
白子睦会(埼玉県和光市)「海軍カレー鍋(チキン爆弾入り)」
審査員特別賞
最上の元氣研究所(山形県最上郡戸沢村)「山形秘伝『最上納豆汁』」
審査員特別賞
福島県白河市ひがし商工会福島県白河市)「きつねみそっかす鍋」
審査員特別賞
鳥取里山のめぐみ隊(鳥取県鳥取市)「里山のめぐみ ジビエ薬膳火鍋
食べてみたい鍋総選挙ネット投票第1位
白川郷鍋食い隊(岐阜県大野郡白川村)「白川郷飛騨牛すったて鍋」
目次