スマートフォン用の表示で見る

ニューウェイブ

アート

ニューウェイブ

にゅーうぇいぶ

あるジャンル、文化において、集団で登場する新潮流の作者、作品群の総称。

(英)New Wave ニューウェイヴニューウェーヴニューウェーブニュー・ウェイブ、ニューウエイブ、ニュー・ウェイヴ、ニュー・ウェーヴ、ニュー・ウェーブと表記ゆれが多い。

映画

1950年代末から1960年代にデビューしたフランスの新人監督たちによるムーブメント。「ヌーヴェルヴァーグ(ヌーベルバーグ)」とも呼ばれた。

日本では大島渚などが「松竹ヌーベルヴァーグ」と呼ばれていた。

1990年代に活躍したフランスの映画監督の内、リュック・ベッソンレオス・カラックス、ジャン=ジャック・ベネックス、ジャック・ドワイヨンジャン=ジャック・アノーらは「ヌーヴェル・ヌーヴェルヴァーグ(ヌーベル・ヌーベルバーグ)」と呼ばれた。

1970年代末から1980年代に「新浪潮(香港ニューウェーブ)」の旗手、許鞍華(アン・ホイ)、繁体字(ツイ・ハーク)、杜蒞峰(ジョニー・トー)が活躍。第二世代では、王家衛(ウォン・カーウァイ)が国際的な評価を得た。呉宇森(ジョン・ウー)は「香港ノワール」を生んだ。

1980年代初頭、楊徳昌エドワード・ヤン)、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)、王童(ワン・トン)等「台湾ニューウェイブ(台湾ニューシネマ)」の潮流が台頭。1990年代には李安(アン・リー)、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)が「第二次台湾ニューウェイブ」の代表作と称された。

SF

1960年代末から1970年代初頭から出てきた哲学的なSFの事をニューウェーブと呼んだ。代表的な作家としては、J.G.バラードなどが挙げられる。また日本では、山野浩一などがニューウェイブの代表的な作家とされている。また筒井康隆小松左京も、この時期にはニューウェイブ的な作風に接近している(筒井康隆脱走と追跡のサンバ』など)。

マンガ

1970年後半から1980年前半あたりに、マンガ雑誌『マンガ奇想天外』『SFマンガ競作大全集』『Peke』『コミック・アゲイン』『漫金超』などで連載した漫画。主な漫画家に、大友克洋さべあのま吾妻ひでおいしいひさいちひさうちみちお宮西計三柴門ふみ高野文子いしかわじゅん高橋葉介ますむらひろし川崎ゆきお諸星大二郎など。村上知彦が広めた名称。

短歌

オノマトペや言葉で発音できない記号短歌の導入などライト・ヴァースより更に修辞を尖鋭化し、シュールな比喩表現を用いることで、日本語の解体による新しい詩的表現を志向した短歌1991年ライト・ヴァースの影響を受けた荻原裕幸が、朝日新聞に執筆した「現代短歌のニューウエーブ」に依り、命名された。主な歌人に、荻原裕幸加藤治郎、西田政史、穂村弘笹公人など。

音楽(ロック)

怒り、衝動、エネルギーを膨らませていく方向に進んだ1970年代のパンクムーヴメントに対して、1970年代末から1980年代初頭にかけて発生したアーティスティック、革新的、実験的な側面を重きにおいた音楽の総称。総じてアンダーグラウンド志向であり、シンセサイザーやドラムマシンなど電子楽器を多用し、ダークな歌詞とメロディであるなど共通する特徴はあるものの、既成概念に捕われないが故に音楽性に一貫性はなく、多面性を生み、数々の分野を創造し、結果的にオルタナティヴ・ミュージックの先駆けとなっている。またエレクトロニクスを駆使していなくても、従来の「ロックらしいロック」とは一線を画する音作りに専念していたミュージシャンも、ニューウェイブに分類された。

主にイギリスの音楽シーンにおいてその傾向は顕著だったが、アメリカ欧州においても重要なバンドが存在しており、日本でもY.M.O.P-MODELヒカシュープラスチックスなどのテクノポップ・グループを端緒として、数多くのニューウェイヴを志向するグループが登場してきた。現在でもその潮流は続いており、The CureDepeche ModeNew Orderなどが現役で活動を続けている他、ニューウェイヴという類型にとらわれず、各ジャンルを志向する音楽グループは多い。

Post Punk

B-52's、Talking HeadsBlondieJoy Division、Suicide、Gang Of Four

Experimental

Sonic Youth

Neo Psychedelic

Cocteau TwinsXTC

Noise/Industrial

Throbbing GristlePsychic TV

Gothic

Propaganda、Bauhaus、The CureKilling Joke

Ska

Specials

Dub

Public Image Limited (Public Image Ltd./P.I.L.)、The Pop GroupPig Bag、Rip Rig & Panic? (Rip Rig + Panic)、Maximum JoyThe SlitsNew Age Steppers、A Certain Ratio

Neo Acoustic

Aztec Camera

Techno Pop

DevoThe Buggles

Electric Pop

Depeche Mode、Yazoo、Heaven 17、O.M.D.、Frankie Goes To Hollywood

New Romantics

Duran DuranUltravox、Human League、JapanVisage、Soft Cell

German Electro

DAF(Deutsch Amerikanische Freundschaft)、Liaisons DangereusesNeu!

 

音楽(シティ・ポップ)

1980年代はじめに東芝EMIに所属していたシティ・ポップ系のアーティスト、稲垣潤一安部恭弘井上鑑鈴木雄大は「ニューウェイブ4人衆」と呼ばれていた。

目次