スマートフォン用の表示で見る

ニューキノロン

サイエンス

ニューキノロン

にゅーきのろん

合成抗菌薬の系列の一つ。キノロン系をもとに人工的に合成・発展させたものであり、作用機序はキノロンと同一である。すなわちDNAのねじれを解消する酵素: DNAジャイレースを阻害することで殺菌的に作用する。

種類

第I世代

キノロンを参照

第IIa世代

  • ノルフロキサシン norfloxacin(NFLX)
  • オフロキサシン ofloxacin(OFLX)
  • エノキサシン enoxacin(ENX)
  • 塩酸シプロフロキサシン ciprofloxacin(CPFX)
  • 塩酸ロメフロキサシン lomefloxacin(LFLX)
  • レボフロキサシン levofloxacin(LVFX)
  • ガレノキサシン garenoxacin(GRNX)
  • フレロキサシン fleroxacin(FLRX)
  • シタフロキサシン sitafloxacin(STFX)

第IIb世代

  • トスフロキサシントシル酸塩 tosufloxacin(TFLX)
  • スパルフロキサシン sparfloxacin(SPFX)

第IIIa世代

  • ガチフロキサシン gatifloxacin(GFLX): ガチフロ®…重篤な副作用による海外での販売停止を受け日本国内でも内服薬の販売中止
  • モキシフロキサシン moxifloxacin(MFLX)