スマートフォン用の表示で見る

ニュース時事能力検定

一般

ニュース時事能力検定

にゅーすじじのうりょくけんてい

新聞やテレビのニュース報道を読み解くための「時事力」を認定するもの。

レベルは入門者クラスの5級からハイレベルな1級まであり、第一回は全国20都市の一般会場と学校や企業などの団体受験が50ヵ所以上の準会場で2007年9月に実施されている。

第2回は12月2日(予定)。

4つの特徴

  1. 第一線のジャーナリストで構成されたスタッフが、今を読み解くために必要なテーマを厳選して出題します。
  2. 政治、経済、国際問題、社会・環境、文化・スポーツの5テーマからバランスよく出題し、総合的な時事力を測定します。
  3. 検定級は5段階に分かれており、学生から社会人まで各受検者の到達目標に合わせた受検が可能です。
  4. 受検者全員に「結果通知」を送付、全ての問題の正誤表や解答で復習や弱点克服が容易にできます。*1

主催はNPO法人「日本ニュース時事能力検定協会」と毎日新聞社