スマートフォン用の表示で見る

ニューロマンティクス

音楽

ニューロマンティクス

にゅーろまんてぃくす

[ニューロマンティック]とも言う

80年代初期のイギリスで、パンクの代替的存在としてファッション性も兼ね備えた「ニュー・ロマンティック」なる音楽が登場した。このカテゴリーのアーティストたちの音楽は、キャッチーで、すぐにでもダンスフロアに飛び出せるようなノリのいいシンセサイザーとギターが売りである。そしては、多くのミュージャンたちは、デヴィッド・ボウイロキシー・ミュージックのグラマラスな装いやスタイルから大きなインスピレーションを得ている。

ニュー・ロマンティックでもっとも成功を収めたデュラン・デュランオーケストラル・マヌヴァーズ・イン・ザ・ダーク、スパンダー・バレエといったグループは、モデルのような容姿をビデオ・クリップの中で最大限にアピールし、人々に"MTVブームの申し子"的認識をされた。また、これらのバンドは82年から86年にかけてチャートを大いに賑わせたが、多くのバンドが解散するか、クリエイティヴな情熱を使い果たすかのいずれかの道を辿っているのも事実。

だが、90年代に入ってもこの分野のトップアーティストだったデュラン・デュランは、93年に「オーディナリー・ワールド」のようなヒット作を出しているし、デヴィッド・シルヴィアン(ex.ジャパン)は日本で頻繁にアートロック・コラボレーションを行うなどして、息の長い熱狂的崇拝者をつかんでいる。goo音楽