スマートフォン用の表示で見る

ニンジャスレイヤー

読書

ニンジャスレイヤー

にんじゃすれいやー

ブラッドレー・ボンド&フィリップ・ニンジャ・モーゼズによるサイバーパンクニンジャ小説。

日本では有志が翻訳権を取得し、Twitter @NJSLYR 上で翻訳連載を行っている。2012年以降、エンターブレインより書籍化されている(ただし、Twitterで公開されたものは一切削除されていない)。2015年にテレビアニメ化予定(制作はTRIGGER)。

概要

関東一円および東京湾埋立地を網羅する巨大都市ネオサイタマ、そして現在の京都に近い位置にあると思われる古都キョートを舞台に超常の力を持つ「ニンジャ」たちの戦いを描いたサイバーパンクニンジャ小説。

2002年ごろには、翻訳チームメンバーがアメリカで出版されたニンジャスレイヤーの紹介サイトを作っていたとされている。

2005年ごろからmixiコミュニティ上で有志による「Ninja Slayer Classics」の日本語訳が公開。

2010年に翻訳チームが作者から翻訳権を正式に取得し、7月24日にTwitter上で日本語翻訳版の連載を開始した。いきなり「これまでのあらすじ」からスタートするという意外な始まりにも関わらず、徐々にファン(「ニンジャヘッズ」または単に「ヘッズ」と呼ばれる)を増大させていった。

物語は原作の精神を反映し、時系列がばらばらにシャッフルされた1話完結の短編形式から成り立っている。海外小説においてよくある「間違った日本観」を多用する一方で、重い設定とそれをベースとした骨太なストーリーが特徴である。

また、「アイエエエ!」などの特徴的な言葉づかい(コトダマ。忍殺語とも呼ばれる)が使用されることでも有名である。

Q. つーか、ホントは日本人が書いてるんじゃないの? → 回答:よくある質問 - ニンジャスレイヤー Wiki*

ニンジャスレイヤーの楽しみ方

PV

物理書籍

第一部:ネオサイタマ炎上

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (1) ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (2) ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (3) ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 (4)

第二部:キョート殺伐都市

ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲! ニンジャスレイヤー ゲイシャ危機一髪! (キョート殺伐都市 # 2) ニンジャスレイヤー 荒野の三忍 (キョート殺伐都市 # 3) ニンジャスレイヤー 聖なるヌンチャク (キョート殺伐都市 # 4) ニンジャスレイヤー ピストルカラテ決死拳 (キョート殺伐都市 # 5) ニンジャスレイヤー マグロ・アンド・ドラゴン (キョート殺伐都市 # 6)

コミカライズ