スマートフォン用の表示で見る

ヌクレオシド

塩基と糖が結合した化合物の一種。塩基としては、アデニン?、グアニン?などのプリン塩基?、チミン?、シトシン?、ウラシル?などのピリミジン塩基?、ニコチンアミド?、ジメチルイソアロキサジン?などを含む。糖としてはデオキシリボース?やリボース?が結合する。

アデノシン?、チミジン?、グアノシン?、シチジン?、ウリジン?などが代表的なヌクレオシドである。このほか、ジメチルイソアロキサジン?とリボース?からなるヌクレオシドビタミンB2として有名である。

リン酸と結合するとデオキシリボ核酸(DNA) やリボ核酸? (RNA) を構成するヌクレオチドとなるほか、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドやフラビンヌクレオチド?は脱水素補酵素?として多くの生体反応?に関与する。