スマートフォン用の表示で見る

ネオジオポケット

ゲーム

ネオジオポケット

ねおじおぽけっと

SNKが1998年10月28日に発売した携帯型ゲーム機。略称は「ネオポケ」「NGP」。

16ビットCPUを搭載し、モノクロ8階調のスクリーンを備えていた。希望小売価格は7,800円(税別)。

ローンチタイトルは「キング・オブ・ファイターズ R-1」など5タイトル。


1999年3月19日には、反射型TFTカラー液晶を採用した上位機種「ネオジオポケットカラー」が発売された。価格は8,900円(税別)。

さらに1999年10月21日には、サイズを小さくした新モデル「Newネオジオポケットカラー」が発売された。性能面は従来機と変わらない。価格は6,800円(税別)。


ゲームボーイの牙城を崩すどころか、ワンダースワンの後塵を拝するなど、販売は不調に終わった。その一方でSNK格闘ゲームや、「伝説のオウガバトル外伝」等のオリジナルタイトルも発売されるなど、それなりに良作が揃っていた。