スマートフォン用の表示で見る

ネオ渋谷系

音楽

ネオ渋谷系

ねおしぶやけい

フリッパーズ・ギターピチカート・ファイブに代表される、90年代ポップミュージックのワンジャンル「渋谷系」だが、00年代に入り、渋谷系的価値観影響下にある若いアーティストが多数生まれ、ひとつのムーブメントとなっている。代表的なバンドにテトラプルトラップ、プラスティック・スクイーズ・ボックス、エイプリルズcapsule等。またピチカート・ファイブの再リリース、小沢健二の新譜など、元祖渋谷系アーティストの再始動もあり、都内では「クラブ渋谷系」「王子様ナイト(小沢健二ナイト)」等、渋谷系をテーマにしたイベントが多数行われ、リアルタイム世代と若い世代がクロスオーヴァーしながら盛り上がっている。

同シーンを音楽雑誌「MARQUEE」では「フューチャー・ポップ」と命名しているが、エレクトロ/近未来感を前面に打ち出しており、方向性は微妙に異なる。