ネストリウス派

一般

ネストリウス派

ねすとりうすは

Nestorianism

古代キリスト教の教派の1つ。。コンスタンティノポリス総主教ネストリオスにより説かれた教派である。431年にエフェソス公会議において異端として排斥された。かつては中国に伝わって「景教」と呼ばれて信仰する者も居たが、唐代末期に弾圧されて消滅された。また、モンゴルにも一時布教されていた。現在では現在はアッシリア地域を中心に信者が多い。