ネット選挙

ウェブ

ネット選挙

ねっとせんきょ

ネット選挙とは、選挙インターネットを利用すること。インターネット選挙。

広くは、インターネットウェブサイト上に選挙に関することを記すことなど選挙におけるインターネットの活用のことを指す。

インターネットを介して投票ができるようになる」という意味ではない。

解禁

公職選挙法によって禁じられていたが、2013年に改正案が採決され、2013年夏の参院選から一部解禁される。

ネットを使って選挙運動を行う場合は、電子メールなどの連絡先を表示する義務が課せられ、虚偽表示などには公民権停止を含む罰則を設ける。電子メールを使った投票の呼び掛けは、政党候補者に限定。候補者本人を装う「なりすまし」や、特定の候補者の落選を狙った中傷などが横行する懸念があるため。参院選後、全面解禁を検討する。

若者の投票率の上昇につながると期待される。

沿革