日産ノート からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

ノート

のーと

日産自動車の小型乗用車。

マーチ系のプラットフォームを用いたワゴンタイプのコンパクトハッチバックで、2005年1月に初代・E11型が発売。

エンジンはティーダと同じHR15DE型直4・1.5リッターを搭載し、CVT*1とも相成ってクラスを超えた余裕のある走りを実現した。積むものによって上下に分けて収納できる「2段マルチトランク」をはじめとした、多彩な収納装備も備わっている。

2008年1月にマイナーチェンジ。同年10月には1.6リッターエンジンを搭載した5速マニュアルミッション車が追加された。

2012年9月に2代目・E12型にモデルチェンジ。エンジンがマーチと同じ直3・1.2リッターのHR12系に変更され、HR12DDR型は直噴ミラーサイクル+スーパーチャージャーにより、リッター25.2km*2という低燃費を実現。

2016年11月、ハイブリッドモデルであるノートe-POWERを追加。同モデルは日産としては30年ぶりとなる月間販売台数1位を獲得した。