ノコギリガザミ

ノコギリガザミ

(動植物)
のこぎりがざみ

ワタリガニ科ノコギリガザミ属 Scylla に分類されるカニの総称。熱帯や亜熱帯のマングローブの根元や河口の汽水域の泥地に生息するワタリガニの仲間。重要な食用種でもある。

日本では房総半島以南から浜名湖、高知県の浦戸港、沖縄などに生息。海外ではマッドクラブ、マングローブ蟹、日本ではドーマン、甲丸とも呼ばれる。

日本にはアミメノコギリガザミ、アカテノコギリガザミ、トゲノコギリガザミの3種類が分布する。


関連語 リスト::動物

新着ブログ: ノコギリガザミ