ノコンギク

動植物

ノコンギク

のこんぎく

ノコンギクは「野にある紺菊」の意味で、本州、四国九州に自生するヨメナに似たアスター属の植物です。花弁(舌状花)は紫色、花芯(筒状花)は黄色で、清楚な感じがする花です。草丈は50〜60cm程度。この園芸品種をコンギクといい、古くから庭園などに栽植されてきました。