スマートフォン用の表示で見る

ノックスの十戒

読書

ノックスの十戒

のっくすのじっかい

ロナルド・A・ノックスが著した、推理小説を書くにあたっての十の戒め

  1. 犯人は小説の初めから登場している人物でなくてはならない。又、読者が疑うことの出来ないような人物が犯人であってはならない。(例、物語の記述者が犯人)
  2. 探偵方法に超自然力を用いてはならない。(例、神託、読心術など)
  3. 秘密の通路や秘密室を用いてはいけない。
  4. 科学上未確定の毒物や、非常にむつかしい科学的説明を要する毒物を使ってはいけない。
  5. 中国人を登場せしめてはいけない。(当時の欧米における人種感の反映)
  6. 偶然の発見や探偵の直感によって事件を解決してはいけない。
  7. 探偵自身が犯人であってはならない。
  8. 読者の知らない手がかりによって解決してはいけない。
  9. ワトソン役は彼自身の判断を全部読者に知らせるべきである。又、ワトソン役は一般読者よりごく僅か智力のにぶい人物がよろしい。
  10. 双生児や変装による二人一役は、予め読者に双生児の存在を知らせ、又は変装者が役者などの前歴を持っていることを知らせた上でなくては、用いてはならない。

類似:ヴァン・ダインの二十則