スマートフォン用の表示で見る

ノマドワーキング

社会

ノマドワーキング

のまどわーきんぐ

「オフィスのない会社」「働く場所を自由に選択する会社員」といったワークスタイル。

満員電車や残業から開放され、自分の時間を増やす豊かな働き方として注目されている。


ノマド」とは遊牧民のことであり、いつも決まった場所ではなく、カフェや公園、お客さんのオフィスなどでノートパソコンスマートフォンなどを駆使しネットを介して場所を問わずに仕事を進めること。「サードプレイス」という自宅でもなく、オフィスでもない、第三の自分の居場所で仕事を行う新しいスタイル。

ノマドワーキングの指南書「仕事するのにオフィスはいらない」の著者、佐々木 俊尚さんはノマドワーキングを行うにあたって以下の必要な資質を挙げている。

  1. アテンション(集中力、注意力)のコントロールができること。
  2. 情報をコントロールできること。
  3. 仲間とのコラボレーション(連携、協調)をコントロールできること。

また、ノマドワーキングを行うにあたって、仕事を行う意欲、集中力が高まっているときに、いつでも、どんな場所でも仕事が快適にできるように環境を整えておくことが必要とされる。そのために必須なのがクラウドサービスである。

クラウドサービス(ノマドワーキングを実践している人のお薦め)

しかし一方で、ノマドワーキングの経費は会社で落ちないと回答した人が78%、ノマドワーキングを行っても残業時間は減らないと回答した方が68%もいたと報告もある。(フジテレビめざましどようび「ココ調」2010年5月1日放送分より)

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)