ノルウェー国防軍

社会

ノルウェー国防軍

のるうぇーこくぼうぐん

(ブークモール:Forsvaret)

ノルウェー王国の軍事組織。

国王を最高司令官とするも、実際には国防大臣の下で国防省を通じて文民統制を受ける。国防省傘下の陸海空の三軍の他に、予備役的組織として第四の軍種として運用されるノルウェー郷土防衛隊がある。

ノルウェー第二次世界大戦時にドイツに占領された経験から、戦後は北大西洋条約機構に加盟し、郷土防衛隊を組織し、徴兵制を敷くなど国防力整備に力を注いでいる。冷戦終結後、軍の縮小および領域防衛中心から国外派遣中心への組織変更を進めている。

前述の通り徴兵制が敷かれており、19歳から44歳までの男子が対象となる。女子は一律に免除され、軍には志願で入隊することができる。兵役期間は12〜15ヵ月ほどで、良心的兵役拒否によって、代替役務として社会奉仕活動を選択することが可能である。