ノルディックウォーク

スポーツ

ノルディックウォーク

のるでぃっくうぉーく

クロスカントリースキーのようにストックを両手に持って歩くウォーキングの方法。

ストックを持つことで腕を振る動作が簡単になり、歩幅を大きく、それでいて膝や腰への負担を軽減できる。

新しいカントリーウォーキングとして荻原次晴氏らが普及に努めている。