スマートフォン用の表示で見る

ノルン

読書

ノルン

のるん

古代北欧において、運命に干渉する霊として崇拝された女性的神格であるディースたちの中で、最も力ある存在。

人々の運命を決定する権限をもつディースは、特別にノルンと呼ばれた。複数形はノルニル。

ノルンの筆頭は、世界樹ユグドラシルの根元にある「運命の泉」の近くに住むウルドだった。その名は「編む者」を意味し、運命と死に関連づけられた。

初めは運命を決定付ける唯一の存在だったが、時代が下ると妹のような存在を付け加えて、運命を司る主なノルンは三人組として描かれるようになった。

二人目のノルンヴェルダンディの名は「紡ぐ者」を意味する。必然や結果と結び付けられた。(より原語に近い発音を無理やり表記するなら、ヴェルザンディー)

三人目のスクルドの名は「債務・義務」と言う意味があり、戦場における戦いに関連づけられた。

スクルドノルンであると同時にヴァルキューレでもあり、戦死者の魂をヴァルハラに運ぶために戦場を駆け回ったと言う。

この三人組以外にも伝承の中で様々なノルンが創造され、神々ですらノルンたちの決定を覆す事は出来ないとされた。

ノルンたちの神話では、ノルナゲストの逸話が有名。

運命を司る三相の女神は欧州各地の神話に存在し、ギリシャ神話においてはモイラ(複数形モイライ。クロト、ラケシス、アトロポスの三神)などが存在する。

関連:北欧神話