ハーバート・クラーク・フーヴァー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

ハーバート・フーヴァー

はーばーとふーう゛ぁー

Herbert Clark Hoover

1874年8月10日 - 1964年10月20日)

第31代アメリカ合衆国大統領

アイオワ州の出身。スタンフォード大学の一期生。鉱山経営に才を発揮、事業家として成功する。

1919年、スタンフォード大学に「フーヴァー研究所」を創設した。

1920年代にはウオレン・G・ハーディングカルビン・クーリッジの二代の大統領に商務長官として仕え、政権内に重きをなした。

唐突とも言えるクーリッジの不出馬表明後に大統領候補となり、1928年選挙でも「永遠の繁栄」と言われる好況を背景に圧勝した。

1929年大統領就任。1929年10月24日に世界大恐慌が発生。世界規模に拡大した不況への対策は困難を極め、有効な成果の得られぬまま、政権を1期で明け渡すことになる。

1933年大統領退任。

その後も長生きしたフーヴァーは、ヒトラーと会見したり、ハリー・S・トルーマン大統領の依頼によってヨーロッパを視察したり、政府改革のための委員会の長とされたりなど、いろいろと政治的な活動を行い一定の成果を上げた。