スマートフォン用の表示で見る

ハイタッチセールス

一般

ハイタッチセールス

はいたっちせーるす

直販営業のこと。外資系IT企業で好んで使われている。

「ハイタッチ」とはスポーツ等で得点を決めた際に味方同士で行われる行為であるとことから「クライアントに喜んでもらえるような良いパートナーとなるための営業」という意味合いが含まれる。これまでIT系企業は最先端の技術「ハイテク」を売りとしてきたが、昨今では技術だけではなく、他企業との差別化を図るため「ハイタッチ」=「人の心を捉え、動かし、感動を与え、感銘を与えること」をスローガンに掲げるようになった。

ある外資IT系の求人

実際、IT系の転職サイトでは「ハイタッチ・セールス」という項目で複数の求人が見つかる。

仕事内容

  1. 既存の顧客ニーズを理解し、それに見合う営業活動をする
  2. 既存の顧客に対して商品及びサービスを提供するとともに 新規顧客との強い信頼関係を築く
  3. 顧客に対し、それぞれのビジネス環境に相応しい評価テストの実施を提案する
  4. 営業開発と将来的な見通し
  5. 自身の顧客、あるいはチーム全体とともに営業活動