ハウスミュージック

音楽

ハウスミュージック

はうすみゅーじっく

1980年代後半、米国シカゴのクラブ Warehouse を発火点に世界的に流行したダンス音楽。既成の複数の音源をDJ(ディスクジョッキー)が電子的にサンプリング・編集して聞かせるところに特徴がある。