スマートフォン用の表示で見る

ハシュマリム

ゲーム

ハシュマリム

はしゅまりむ

「統制者ハシュマリム

ファイナルファンタジータクティクスファイナルファンタジーXIIに登場するキャラクター。

イヴァリースに存在する、人智を超えた者の一人。

存在としては同一だが、各ゲームによって位置づけは異なっている。

Final Fantasy Tactics

伝説の悪魔ルカヴィ?の一人として登場。聖石「レオ」の力により、グレバドス教の神殿騎士団長ヴォルマルフ?と契約を結び、現世に転生した。ルカヴィの中では最も早く現世への転生を果たしている。

「究極の力」を持つルカヴィの盟主「血塗られた聖天使」を復活させることで、ルカヴィたちが自由に世界を行き来できるようにするのが目的だった。同志を得るため、ルカヴィにふさわしい肉体を持つ人間を探し、ルカヴィの転生を促していた。

死都ミュロンド?において、自らの体を最後の生け贄とすることで、聖天使アルテマの再臨に成功する。

ユニット紹介によると、「統制者」とは「現世の法則を自在にあやつる存在。その力で地上の生きとし生けるものをあまねく支配する。」

Final Fantasy XII

召喚獣として登場。イヴァリースに存在する闇の異形者。獅子の座を司る。

土の属性を持つ。通常技はロックユー、召喚技は大地の怒り。