ハックルベリィの冒険

アニメ

ハックルベリィの冒険

はっくるべりぃのぼうけん

リスト::アニメ作品//タイトル/は行

リスト::アニメ作品//セルアニメ

フジテレビ(CX)系で1976/1/2〜1976/6/25にかけて全26話放送されていた。放送時間は金曜日の19:00〜19:30

制作はヘラルド=タック

スタッフ

監督: 光延博愛/小華和ためお/樋口雅一

原作: マーク・トウェイン

脚本: 佐々木守/ 阿部桂一/吉田義昭

撮影: 高橋宏固

音楽: 越部信義

美術: 内田好之/阿部幸次

編集: 越野寛子

オフィシャルよりストーリー解説

  • 浮浪児の少年ハックが自由の新天地を求める旅物語

放浪児で天涯孤独のわんぱく少年ハックが、黒人奴隷のジムと長いイカダで自由の新天地を求めて旅に出発する。ミシシッピーの流れにまかせ、すべての奴隷が自由になるカイロへ向かうが、ジムがハックを殺して逃亡したと誤解され、二人はジムを追う人々の目を盗むように旅を続けることになる。そして、二人の身の上には様々な事件が立ちはだかる。しかし、優しい心とたくましさを身に付けたハックはまっ正面から挑むのだった。

原作のマーク・トウェインは「トム・ソーヤの冒険」、「ジャンヌダルク」などを書いたアメリカ文学史上大きな足跡を残した文豪。本原作の「ハックルベリィ・フィンの冒険」はその中でも最高傑作といわれている。作品のテーマは、“アメリカという若い国の持つ若々しい冒険心”であり、現代人に共感を獲られるテーマを持っている。