ハッブル宇宙望遠鏡

サイエンス

ハッブル宇宙望遠鏡

はっぶるうちゅうぼうえんきょう

NASAESAが開発し、1990年に高度約600キロの宇宙空間に打ち上げられたが、当初は組立ミスなどにより性能は出なかった。主鏡は直径2.4メートル。大気の揺らぎの影響を受けないため、鮮明な天体写真を送り続けている

名前は、宇宙が膨張することを確認した天文学エドウィンパウエルハッブルから。

早ければ2007年にも姿勢制御装置やバッテリーが使用不能に陥るとされている。NASAの計画では、ハッブル宇宙望遠鏡のあとを引き継ぐ次世代宇宙望遠鏡 JWST(James Webb Space Telescope)は2013年打ち上げ予定。

日米欧の研究者によって、現在と同型のHubble Space Telescope2号機を製造し2009年までに打ち上げる案をNASAに提起しているそうだ。


リスト::天文学