ハビエル・アギーレ

スポーツ

ハビエル・アギーレ

はびえるあぎーれ

Javier Aguirre Onaindia

メキシコの元サッカー選手。サッカー指導者。

1958年12月1日生まれ。メキシコメキシコシティ出身。

両親がスペインからの移民者でバスク系メキシコ人。

メキシコ代表のミッドフィルダーとして1986年FIFAワールドカップメキシコ大会に出場した。

また、CFアトランテCFパチューカの監督を経て、メキシコ代表監督として2002年ワールドカップ日韓大会に出場。

その後、CAオサスナアトレティコ・マドリードの監督を歴任後、2010年ワールドカップ南アフリカ大会にて再度メキシコ代表監督として指揮を執った。

2010年11月から2011年11月には、レアル・サラゴサの監督、2012年11月から2014年5月には、RCDエスパニョールの監督を務めた。

2014年8月、サッカー日本代表の監督に就任した。2015年1月、AFCアジアカップではベスト8に終わった。

2015年2月3日、2011年5月に指揮していたレアル・サラゴサスペイン1部リーグ残留をかけたレバンテUD戦を廻って、八百長疑惑でスペイン検察当局から告発され、バレンシア裁判所が訴追を受理したことを受けて、日本サッカー協会日本代表監督契約を解除した。