ハビエル・サビオラ

スポーツ

ハビエル・サビオラ

はびえるさびおら

Javier Saviola

アルゼンチン代表歴のあるサッカー選手

プロフィール

フルネーム : Javier Pedro Saviola Fernández (ハビエル・ペドロ・サビオラフェルナンデス

生年月日 : 1981年12月11日

出身地 : Buenos Aires (ブエノスアイレスアルゼンチン

身長・体重 : 168cm・61kg

ポジションFW

ニックネーム : El Conejo (コネホ)、うさぎの意味 (名付け親はGKヘルマン・ブルゴス)。

所属クラブ

1998〜01 : CAリーベル・プレートアルゼンチン

2001〜04 : FCバルセロナスペイン

2004〜05 : ASモナコFCフランス)  * FCバルセロナよりシーズンローン

2005〜06 : セビージャFCスペイン)  * FCバルセロナよりシーズンローン

2006〜07 : FCバルセロナスペイン

2007〜09 : レアル・マドリーCFスペイン

2009〜12 : SLベンフィカポルトガル

2012〜 : マラガCFスペイン

プレースタイル、経歴など

アルゼンチンの選手の中には伝統的に体の大きさよりもテクニックを重視したとしか思えない選手がいる。サビオラはその最近の典型的な選手で、DFを抜く驚異のスピード、ポジショニングの良さ、テクニックに優れ決定力がある。

2001年の地元開催のFIFAワールドユース選手権では、MVP得点王 (11得点) を獲得しアルゼンチンを優勝に導いた。その後2003年9月から開始されたドイツワールドカップ南米予選でのA代表、2004年8月のU-23アテネオリンピック代表などに頻繁に名を連ねるが、A代表ではエルナン・クレスポU-23ではカルロス・テベスに後塵を拝し、レギュラー定着にはなかなか至らない。

1990年、10歳でリーベル・プレートの下部組織に加入。父親を見てこれ以上身長が伸びないことはよくわかった上で育てたというユースチームのコーチはえらい。順調に成長し、当時監督だったラモン・ディアスの目をひき、1998年10月18日、トップデビュー。パブロ・アイマールアリエル・オルテガらとプレーしリーベル・プレートリーグ優勝に貢献。1999年南米年間最優秀選手となる。

2001-02シーズンから、リーガ・エスパニョーラFCバルセロナに移籍。リバウドパトリック・クライファートと共に破壊力抜群の3トップを形成、リーグ優勝は逃すも17得点を挙げる活躍を見せた。2003-04シーズンまでに通算60ゴールを挙げて、バルサ・サポーターの人気を得て来た。

しかし、2004-05シーズン開幕前にASモナコFCへ1年間のレンタル移籍。シーズン終了ともに、2005-06シーズンはセビージャFCレンタル移籍することとなる。翌2006-07シーズンに再びFCバルセロナに戻り1年間プレーしたが、2007-08シーズンに国内ライバルのレアル・マドリーCFへ完全移籍した。2年後の2009-10シーズンにはポルトガルの名門SLベンフィカへ移籍した。2012-13シーズンより、スペインマラガCFに完全移籍。