スマートフォン用の表示で見る

ハミング符号

コンピュータ

ハミング符号

はみんぐこーど

コンピュータ内部の回路間や、通信回線を使ったコンピュータ同士のデータ通信において、データの誤り(エラー)を検出する手法の一つ。誤りを検出するだけでなく、正しい値に訂正することもできる。1950年アメリカベル研究所のHamming氏によって考案された。本来のデータに、データから演算によって割り出したチェック用のデータ(ハミングコード)を付加して転送する。広く普及しているパリティチェックは、ハミングコードチェックの特殊な場合にあたる。RAID-2の誤り訂正符号に採用されている。