ハラタマ博士

サイエンス

ハラタマ博士

はらたまはかせ

オランダ化学ハラタマ(K.W. GRATAMA:1831-1888)博士。

江戸幕府から明治政府へ移る激動期に大阪に滞在。

1869年に理化実験棟をもつ学校「舎密(セイミ)局」を大阪城前に開設した。

化学を講義し、オランダから運んできた試薬と実験器具を用いて化学分析を教えた。


右図の胸像は、現在の大阪府警本部横にあります。