ハルキウ

地理

ハルキウ

はるきう

Харків (Kharkiv)


ハルキウウクライナ語:Харків / Kharkiv , ロシア語:Харьков / Khar'kov) は、ウクライナウクライナ語:Україна / Ukrajina, ロシア語:Украи́на) 北東部ハリコフ州州都。人口は約144万人で、首都キエフウクライナ語:Київ / Kyiv, ロシア語:Киев / Kiev) に次ぐウクライナ第2の都市。

ウクライナの主要な重工業都市で、トラクター・兵器・大型電気機械やタービンなど広範囲にわたる機械工業や金属加工業が盛んである。また、ウクライナ東部の学術・文化の中心地でもあり、市の中心部にはポクロフスキー寺院 (17世紀建立) とウスペンスキー寺院 (18世紀建立) の二大寺院があり、1805年創立の国立大学や (機械工学・航空・医学など) 多種にわたる研究所や専門学校がある。

サッカークラブFCメタリスト・ハルキウ (ФК Металіст Харків / F.C. Metalist Kharkiv)」 や 「FCヘリオス? (ФК Геліос / FK Gelios / F.C. Helios)」 などの本拠地でもある。


なお、日本語の発音・表記ではハルキウのほかハリコフハルコフなどがある。