ハルシュタット湖

地理

ハルシュタット湖

はるしゅたっとこ

(英:Lake Hallstatt、独:Hallstätter See)

オーストリア中部ザルツブルク近郊のオーバーエスターライヒ州にある湖。オーストリアアルプスを間近に望む湖水地帯ザルツカンマーグートの最奥部、ダッハシュタイン山塊の麓にある風光明媚な面積8.55km2の湖。ハルシュタットの町外れには、古代ローマ以前にまで遡る世界最古の岩塩坑がある。この塩坑から古代の墓地遺跡が発見され、ハルシュタット文化の由来となった。なお、「Hall」はケルト語で「塩」、「シュタット?(Statt)」はドイツ語で「都市」を意味する。「ザルツカンマーグートの文化的景観? - ハルシュタットとダッハシュタイン」として、世界遺産に登録されている。