ハロルド・ホテリング

一般

ハロルド・ホテリング

はろるどほてりんぐ

(Harold Hotelling、1895年9月29日-1973年12月26日)

ミネソタ州フルダで生まれたアメリカ経済学者コロンビア大学教授、ノースカロライナ大学教授であった。専攻は、数理経済学、統計学、資源経済学であり、主成分分析法や正準相関分析などを発展させたことが知られている。また、「再生産不能な資源の経済学」(1931年)という論文は、石油危機のあと再発見され、枯渇性資源の経済学などの研究を発展させた。

業績