スマートフォン用の表示で見る

ハンス・メムリンク

アート

ハンス・メムリンク

はんすめむりんく

(Hans Memling, 1430年/1440年頃 - 1494年)は、15世紀フランドルの画家。

15世紀後半にブルッヘで活躍した画家。ヤン・ファン・エイク、ロヒール・ファン・デル・ウェイデン?に続く世代の北方絵画を代表する画家である。宗教的な主題を、華麗な色彩と、北方絵画特有の細部までゆるがせにしない徹底した写実表現をもって描いた。